Entries

◆文章でデザイン化する事

こんにちは、Makanaです。

西日本を中心に記録的な大雪とのニュースが流れており、山間部では3日間分の食料確保という警戒も出されました。災害等には十分気を付けていただきたいです。
また今週後半からは気温も高くなるようで、気温の変化に体調も変化…とならないよう、十分お気を付けください。

さて、寒い日は温かい料理が食べたくなりますよね。お鍋、スープ、煮物など、体が芯から温まると代謝が上がり、体の免疫力アップにも繋がります。今の時期風邪予防にも効果が期待出来ます。

スープ売り場を覗くと、今年は具沢山スープがトレンドかのように、パッケージにはお野菜たっぷりの画像をよく見かけます。

私は家で作るスープはゴロゴロと大き目に切ったお野菜をたっぷり入れて、スープがメインディッシュになるくらいの一品を作ります。栄養をたっぷり摂れる上、多くの野菜を入れる事で香りや旨みも倍増、さらにお腹も満たされます。
大きく切る事で満足感も得られますし、実際しっかり咀嚼する事が脳への刺激になり、脳の作用により私達は満腹を感じる事が出来ています。(満腹中枢という言葉を聞いた事がありますよね。ゆっくり時間をかけてしっかり噛む事で満腹中枢を刺激し、食べ過ぎ予防にもなります。)


~商品紹介~

くばら
野菜を最初に食べよう。
家庭の具沢山スープを連想、健康訴求。
写真 2016-01-17 16 50 44


キューピー
調理法をパッケージの表面に打ち出す目新しさが斬新。
キューピーといえば3分クッキングの長寿料理番組も有名。3分という短時間の手軽さを前面にアピールし単身者や共働き世帯、働く女性などへ野菜摂取を簡単・手軽・時短で発信。
写真 2016-01-24 18 51 28

写真 2016-01-24 18 51 16


商品パッケージにメッセージを載せると、人は文字を追う習性があります。何かの注意書きを読むように思わず立ち止まって着目します。それが食品スーパーの中ではまだ数少ないからこそ目立っています。

商品化を行う上で、ターゲット層やコンセプトを決め、文章でデザイン化する事。
商品名と実際の画像イメージだけでは弱く、メッセージは印象を強く残す事が出来ると感じています。

先週取り上げましたエナジードリンク『集中』のような特定分野のシーンに特化した商品を思い出してみてください。
◆~受験シーズン~受験生応援ドリンク

ターゲットをどこに絞り、そしてそのシーンは?朝なのか、昼または夜なのか、疲れている時なのか、パワーを付けたい時なのか、ゆったりしたい時なのか、ある特定の人物にフォーカスし想定する事で、強い商品が生まれます。
お客様が連想するシーンを想像させる事が商品力となり、パッケージが発信力となり、多大なCMや広告費をかけずとも、購買において心を動かす事が出来ます。
もちろんプラスで売り場の場所や面の確保でより良い効果を発揮しますが、パッケージが広告として効果を発揮している商品が最近増えてきているように感じます。

お客様へ伝えると同時に、伝わる商品とは??

一度考えてみると色々なアイデアが生まれてくるのではないでしょうか。


では、今週も元気に頑張っていきましょう。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ytokusho12.blog84.fc2.com/tb.php/2731-42e35100

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

T・F・マーケティング 代表

Author:T・F・マーケティング 代表
T・F・マーケティングの代表をしております。食品関連のコンサル事業です。
日々のビジネス、興味深いシーンでの体感を発信していきます。
メインは、食マーケット情報の発信、食材・食品分析と紹介など。


 T・F・マーケティング 代表より

PR

T・F・マーケティングのTwitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード